© 2020 ギベオン – 宇宙・地球・動物の不思議と謎 All rights reserved. さっそく肉食恐竜最強ランキングを紹介していくよ! 1位 ティラノサウルス. 今回は恐竜人気ランキングTOP10と、子供に人気の恐竜の名前を順位をつけて紹介していくね!数多くいる恐竜の中で子供たちに人気の恐竜は何かな?その理由も合わせて徹底解説するよ!... カルカロドントサウルス科の特徴と歯や化石について、ティラノサウルスとどちら強いのか解説. 凶暴な肉食恐竜の代表、ティラノサウルスだよ!白亜紀後期のアメリカ、カナダに生息していた獣脚類だね。 体長は12メートル、体重は6トン。 最強の恐竜はと聞かれて多くの人が頭に浮かべるのは、やはり恐竜の代名詞と言えるティラノサウルスだと思います。. 恐竜の絶滅はなぜ起こったのか?怖すぎる大量絶滅の原因8. 凶暴な肉食恐竜の代表、ティラノサウルスだよ!白亜紀後期のアメリカ、カナダに生息していた獣脚類だね。, 強靭な顎と鋭い歯で、獲物をいち早く仕留める才能に長けていたよ。獲物の肉を骨ごと噛み砕く力を持っていたんだ!, 肉食恐竜としては最大種のスピノサウルスだよ。白亜紀後期のエジプト、モロッコに生息していた大型獣脚類だよ!, 背中の帆が特徴的なことと、魚食で知られているよ。水かきを持っているため、得意な戦場は水の中なんだ!, 巨大な身体と、攻撃力を活かし海を制していたモササウルス。白亜紀後期のイギリス、オランダに生息していた海棲爬虫類だよ。, しかし、身体の大きさが強さに結びつく自然界だからこそ、もし対決することがあったとしたら勝利を得ていたかもしれないね!, 現生のホホジロザメのような先端が鋭い三角形の歯がずらりと並んでいるよ。歯の淵には細かなギザギザが付いていて、肉を切り裂くことに向いていたんだ!, 陸上の肉食恐竜ではスピノサウルスに次ぐ巨体の持ち主だよ。鼻の上から目の上にかけての骨がゴツゴツしていた。得意技は頭突きだよ!, サメのように生え変わる歯とがっしりとした手足を持つことから、白亜紀前期においては最強の恐竜と言われているよ。, 指の先には鋭い20センチの鍵爪がついていたよ。長い腕は敵や獲物を押さえ込む時に役立ったんだ!, アジアでは最大の獣脚類だったんだ。顎は幅が広く、太い歯が並んでいた。敵にかぶりつくことを得意としていたよ!, 子供の化石しか発見されていないけど、子供でも体長は12メートル、体重は4トン。大人はもっと大きいと推測できるよね。, 仲間の中では小柄でほっそりとしていたよ。その軽い身体を活かして雄牛のごとく最速で走ることができたんだ!, この強さはギガノトサウルスの3倍、アロサウルスの6倍だったと言われているんだ!獲物の骨まで粉砕してしまうよ!, 遠くにいる獲物も、例え目をつぶっていたとしても匂いで追跡できたよ!仲間を見分けるためにも嗅覚で判断していたんだ!, 大学で古生物学を学んだ2児のパパ、りゅうすけとその家族が恐竜の魅力について、おもしろおかしく、子供にもわかりやすく伝えていくよ!恐竜が大好きなたくさんの子供たちに読んでもらえたら嬉しいな!. (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); それぐらい大きくて強力な存在だった恐竜ですが、恐竜の中でも最強の恐竜ってどの種類なのでしょうか。, 恐竜は二億年の長い歴史があるため時代時代に最強の恐竜がいましたが、ここでは全ての時代を通して最強ランクの恐竜たちを一挙ご紹介していきたいと思います。, 最強の恐竜はと聞かれて多くの人が頭に浮かべるのは、やはり恐竜の代名詞と言えるティラノサウルスだと思います。, ティラノサウルスは地球史上最大級の肉食動物と言われており、実際にティラノサウルスが生息していたジュラ紀後期において食物連鎖の頂点にたつ最強の恐竜でした。, 肉食恐竜の中でも巨大な体格と強力な顎によって、自分よりも大きな草食恐竜や頑丈な装甲を持つ恐竜を遅い、全ての恐竜から恐れられる存在だったに違いありません。, 実際に発掘された恐竜の化石の中には、ティラノサウルスに襲われた傷あとが残っている恐竜も多いようです。, ただそんな最強に相応しいティラノサウルスですが、最新の研究によるとこれまでのティラノサウルスの学説とは異なる意見も浮上しているようです。詳しくはこちらの「最新の研究で分かったティラノサウルスの全貌を徹底解説!最強の恐竜は実は弱い、羽毛が生えてダサいって本当?」で解説しているので、気になる方は合わせてどうぞ。, 最新の研究で分かったティラノサウルスの全貌を徹底解説!最強の恐竜は実は弱い、羽毛が生えてダサいって本当?, アロサウルスはジュラ紀後期の時代に生息する大型の肉食恐竜で、その時代の食物連鎖の頂点に君臨する最強の恐竜として知られています。, 体長は12~13mほどでティラノサウルスほど大きくはなく、また頭骨も他の肉食恐竜と比べて小さかったことから、噛む力はそこまで強くなかったのではないかとも言われています。, ただし、他の肉食恐竜よりも体重が軽くスリムな体型をしているため、機敏な動きで他の大型恐竜よりも足が速かったと考えられています。, 一説によると時速60kmの速さで走ることもできたと言われており、スピードを活かした狩りを行うアロサウルスは他の恐竜たちに恐れられる存在だったに違いないでしょう。, スピノサウルスは白亜紀前記から後期にかけて生息する肉食恐竜で、ティラノサウルスと同じ、またはそれ以上の大きさと言われる大型の肉食恐竜です。, ティラノサウルスと生きた時代が同じであったことから、「ティラノサウルスVSスピノサウルス」だとどっちが強いのかといった議論をされることが多いです。, スピノサウルスの特徴として、ワニのような長い頭を持っており、2m近い大きさであったことが分かっています。, ワニのような口には鋭い歯がたくさん並んでおり、魚やサメなどを襲って食べていたようです。, モササウルスは白亜紀後期に生息した海に生息した、正確には恐竜ではなく海棲爬虫類という分類の生物です。, 海に生息していた生物の中でも最強の肉食生物と言われており、その大きさは体長20mというクジラにも引けをとらない巨大さでした。, 映画『ジュラシックワールド』ではティラノサウルスと互角に戦ったインドミナス・レックスを、モササウルスは一瞬で飲み込んでしまう衝撃的なシーンがあります。, あくまで映画なので実際の強さは分かりませんが、強さと大きさがある程度比例する動物界において、体長20m近いモササウルスは圧倒的な強さだったのかもしれません。, モササウルスについてはもっと詳しく知りたいという方は、こちらの「最強の海洋恐竜『モササウルス』の全貌を徹底解説!強さや大きさ・絶滅理由など最強の古代生物の謎に迫る!」も合わせてどうぞ。, 最強の海洋恐竜『モササウルス』の全貌を徹底解説!強さや大きさ・絶滅理由など最強の古代生物の謎に迫る!, ギガノトサウルスは白亜紀後期の南アフリカ大陸に生息していた、最大級の大型肉食恐竜です。, 全長は13.2mほどであのティラノサウルスよりも体長は大きく、横幅も広く非常にガッシリとした体型をしています。, 顔の長さは2メートル近くあり、非常に強い顎の力を持っていましたが、頭蓋骨は意外と細長いためティラノサウルスよりは噛む力は弱かったとい考えられています。, ギガノトサウルスは複数個体がの化石がまとまって発見されたことから、集団での狩りをしていたのではないかとされています。, もちろん一人でも最強クラスに強いギガノトサウルスですが、集団で狩りをしていたとなると他の恐竜にとっては非常に恐ろしい存在だったに違いないでしょう。, アクロカントサウルスは白亜紀前記に生息しており、体長12~13m近い大型の肉食恐竜です。, サメのように何度も生え変わる歯を持っていましたが、厚みが少なく折れやすい歯であることが分かっています。, 白亜紀前記の時代では最強の恐竜と言われることが多く、肉食恐竜の中では比較的しっかりとした丈夫で鋭い鉤爪が大きな武器となっています。, また、大型の肉食恐竜の中では動きも機敏で、時速40kmで走ることもできため、機動力と鋭い爪を活かした攻撃で獲物を仕留めていたのでしょう。, カルカロドントサウルスは生きた獲物を捕獲するのに特化した非常に鋭い歯を持っており、カルカロドントサウルスの名前も「鋭い歯を持つトカゲ」という学名がつけられているほどです。, シアッチメーケロムは白亜紀後期の北アメリカに生息する肉食恐竜で、ティラノサウルスが登場するまでは最強の恐竜として君臨していたとされています。, 正確にはティラノサウルスも同じ時代に生息していたのですが、その次代のティラノサウルスはまだ体長もかなり小さかったためシアッチメーケロムの敵ではなかったとされています。, ただし、シアッチメーケロム自身の体長も8mほどしかありませんので、大型化したティラノサウルスの前ではさすがに敵わないでしょう。, アルバートサウルスは白亜紀後期に生息した、ティラノサウルスより一周りほど小さな肉食恐竜です。, アルバートサウルスの歯は変わった構造をしていて、歯の下にはもう一つの歯が用意されていて、万が一歯が折れても直ぐに生えてくるような仕組みとなっています。, 体長は8mほどしかないため、ティラノサウルスのような大型肉食恐竜と比べると小さく、他の最強クラスの恐竜達と比べると少し体格面で劣っていると言えるでしょう。, セイスモサウルスはジュラ紀後期の草食恐竜ですが、巨大な恐竜の中でも全長33mを超える史上最大の恐竜です。, 草食恐竜ということで他の恐竜たちを襲うことはありませんが、大きさと強さが基本的に比例する動物界において、圧倒的なその大きさは凶暴な肉食恐竜たちをも寄せ付けない強さであったかもしれません。, 次回のコメントで使用するためブラウザーに自分の名前、メールアドレス、サイトを保存する。, 管理人のむむむです。ドキがムネムネする謎が大好物のミステリーオタクです。Twitterも是非フォローしてください( ゚д゚ )▶▶▶@mysteryblog777. 今回はカルカロドントサウルスと同じ類の恐竜が持つ特徴と、化石について解説していくよ。ティラノサウルスとどちら強いのかについても考えてみよ... 今回は肉食恐竜であるギガノトサウルスの化石や学名の意味、体長・体重などの大きさについて解説していくよ。

今回はシアッツはティラノサウルスよりも強かったのかどうか?大きさや学名の意味について解説していくよ!シアッツとティラノサウルス、どちらが強いか議論されることも多いけど、本当はどちらが強かったんだろうね?そんな疑問にも答えていくよ!シアッツの体長は約10メートル。体重は推定4トンだよ。学名は古い伝説に登場している怪物からとられたものなんだ。詳しくは本文で解説していくね!... 今回はカルノタウルスの化石や学名の意味と、体長や体重などの大きさについて解説していくよ!カルノタウルスは1985年に化石が発見され、白亜期後期の南米で生息していたと考えられる肉食恐竜だよ。「肉食の雄牛」という学名の意味の名をもち、体長約7.5〜9メートル、体重約1.5〜2トンほどあると考えられているんだ。詳しくはこれから本文で紹介していくね!... 今回はティラノサウルスの羽毛説はデマだったのか?もし羽毛があったとしたらダサいのか?ということについて解説、検証していくよ!ティラノサウルスに羽毛があったのか、それともなかったのか、みんなはどっちだと思う?色々な見解を交えて詳しく解説していくね!... https://kyouryu.net/wp-content/uploads/2019/08/logo2.png. 一撃あたりのダメージ期待値順で記載; 攻撃速度は考慮されていないので、総合的な戦闘力は前後する場合があります。 陸上生物. 人気の恐竜ランキング!検索数で見る有名な恐竜ベスト50. 2.

3.

変わった見た目のオモシロ恐竜たちを紹介するよ!風がわりな形態の特徴や進化の理由を解説, 最強の海洋恐竜『モササウルス』の全貌を徹底解説!強さや大きさ・絶滅理由など最強の古代生物の謎に迫る, 最強の恐竜は?恐竜の強さ決定戦に最強ランクの恐竜たちが勢揃い!ティラノサウルス・アロサウルス・スピノサウルス他. 一番強い肉食恐竜最強ランキングtop10. 最強の恐竜はこいつだ!太古の生態系王者に迫る. ギガノトサウルスの化石は1993... アクロカントサウルスの体長や体重などの大きさは?学名の意味や骨格の特徴についても解説!. これ本当に存在したの?奇妙で不思議な絶滅動物20. 絶滅した古代生物の中で最も人気が高い恐竜。恐竜に人気がある理由のひとつが生物としての強大さです。彼らは非常に長い期間に渡って繁栄してきたため、何種類もの生態系の王者が存在します。, 合わせて読みたい関連記事 ・人気の恐竜ランキング!検索数で見る有名な恐竜 ・恐竜の絶滅はなぜ起こった?怖すぎる大量絶滅の原因 ・これ本当に存在したの?奇妙で不思議な絶滅動物, 一口に恐竜と言ってもその数はおよそ800種類も存在します。ここではその中から最強を語る上で名前が挙がることが多い恐竜たちをご紹介します。, 最強の恐竜といえば間違いなく名前が挙がるのがこの「ティラノサウルス」です。ティラノサウルスは白亜紀の北アメリカ大陸に生息していた大型の肉食恐竜でした。名前の由来は「トカゲの暴君」から来ており、王者の風格は十分です。, ティラノサウルスは全長は13mほどで体重は6トンにもなる巨漢です。頭の大きさは1.5mもあり、その口には非常に鋭い牙が並んでいました。ティラノサウルスの牙は他の大型肉食恐竜と比べても非常に巨大で、その長さは18cmにもなるそうです。この牙で大きな獲物を仕留めていたんですね。, ティラノサウルスに襲われた痕跡がある恐竜が発見されましたが、その骨は粉々に噛み砕かれていました。そのことからティラノサウルスは非常に強い顎を持っていたことがわかっています。ヴェロキラプトルなどの小型肉食恐竜が爪を武器に獲物を捕らえるのに対し、大型肉食恐竜であるティラノサウルスは顎を武器にして獲物を捕食していました。, ちなみにティラノサウルに羽毛があったことは現在では有名ですが、実は大人のティラノサウルスはその巨体から恒温動物に近かったため羽毛を持たないというのが最近の結論です。後に載せている動画でも子どものティラノサウルスにのみ羽毛があったことが確認できます。この新しい学説により王者の威厳は保たれました。, アロサウルスは「異なるトカゲ」の名を持つジュラ紀の大型肉食恐竜です。アロサウルスはティラノサウルスと並んで古くから発見されていた人気恐竜のひとつです。全長は最大で12mとティラノサウルスに比べれば若干小さいものの、巨大な顎と強靭な脚力を持っていたといわれています。, アロサウルスは全盛期には食物連鎖の頂点に君臨していました。大きな体に加え、草むらから奇襲をしかける狡猾さと共食いをする凶暴さも兼ね備えていました。同じ時期に生息していたステゴザウルスなどの大型草食恐竜も構わず襲い、捕食していたことがわかっています。巨大なラプトルのようなイメージを受けますね。, ギガノトサウルスは白亜紀後期の南アメリカ大陸に生息していた大型の肉食恐竜です。ギガノトサウルスはティラノサウルスを超える巨体の持ち主で、全長は13mを超え体重に至っては13.5トンもあったといわれています。全長こそティラノサウルスとほとんど変わりませんが体重に関しては倍もあり、かなりの重量級だったことがわかりますね。ギガノトサウルスの名前は「巨人のトカゲ」を現しており、その巨体から付けられました。, しかし、最近の研究により実はティラノサウルスと同じ程度の体重だったのではないかともいわれています。また、頭の大きさは1.7mと非常に大きいのですが顔付が細長いため、咬む力はティラノサウルスの三分の一程度しかなかったと考えられています。しかし、優れた嗅覚を持っていたこともわかっており、巨体にも関わらず時速40㎞ほどで走っていたとみられています。, アクロカントサウルスは白亜紀の北アメリカ大陸に生息していました。当時の北米では最大の肉食恐竜で、全長は13mほどだったと考えられています。アロサウルスの仲間だそうですが、アロサウルスにはない特徴的な背びれを持っていました。この背びれには風を当てて体温を下げる役割があり、温暖化が進んでいた当時の気候に対応していたと考えられています。ステゴサウルスなどの背板と同じ役割だったんですね。, アクロカントサウルスは、大型肉食恐竜にしては珍しく集団で狩りをしていた可能性があるといわれています。また、時速40㎞を超える速度で走ることもでき、集団で大型の草食恐竜を襲っていたのかも知れません。想像しただけで恐ろしい気持ちになりますね。, カルカロドントサウルスは白亜紀前期の北アフリカ大陸に生息した肉食恐竜です。「ホオジロザメのトカゲ」を意味する非常に物騒な名前が付けれています。名前の由来はサメに似た薄いノコギリ状の歯で、獲物の肉を軽々と切り裂くことができました。全長は最大で14mに達し、ティラノサウルスよりも大きな体を持っていました。, カルカロドントサウルスの歯は獲物を切り裂く食べることに向いた形状をしていたことから積極的に狩りをしていたと考えられています。ティラノサウルスを含め多くの大型肉食恐竜は死んだ獲物の肉を食べる機会が多かったとされていますが、カルカロドントサウルスはナイフのような鋭い歯で生きた獲物を仕留めるハンターでした。非常に凶暴な性格だったんでしょうね。, シアッチ・ミーケロルムは白亜紀後期の北アメリカ大陸に生息していた肉食恐竜です。全長は12m、体重は5トンほどのこの恐竜は神話に登場する人食い怪物にちなんでその名前が付けられました。カルカロドントサウルスの仲間にあたるそうです。, シアッチ・ミーケロムは当時の北アメリカで食物連鎖の頂点に君臨していました。この時代には原始的なティラノサウルスも生息していましたが、シアッチ・ミーケロムの相手にはなりませんでした。大型のティラノサウルスが出現するのはこの3000万年ほど後になります。当時のシアッチ・ミーケロムとティラノサウルスの関係はライオンとハイエナのような関係だったのではないでしょうか。, 現在ではティラノサウルスに並ぶ人気者のスピノサウルスです。スピノサウルスは白亜紀のアフリカ大陸に生息していた大型の肉食恐竜でした。名前には「棘のあるトカゲ」という意味があります。全長は17mに達し、ティラノサウルスを超える巨体を持っていました。体重に関しては6トン程度だったとする説もありますが、骨密度が高く水辺で生活していたことから実は20トンを超えていたのではないかともいわれています。体格だけなら候補の中でも最大級ですね。, スピノサウルスは背中に生えた棘状の突起物に皮膚でできた膜が張られていました。この膜を風に当てることで、同じ時代の他の恐竜たちと同じように体温を下げていたといわれています。頭部はワニに似た細長い形状になっており、魚を主食にしていたと考えられています。また、鼻先にワニに似た知覚器官を持つことから水中や浅い川辺で生活していたことがわかっています。スピノサウルスが潜んでいると考えると白亜紀の水辺はとても危険な場所だったんでしょうね。, これまで何種類か最強の恐竜の候補を挙げてきました。どれも非常に巨大で恐ろしい恐竜でしたが、やはり最強を決める段階になるとティラノサウルスとスピノサウルスを比較することになると思います。ここでは、この二匹の能力解析とイメージ動画をご紹介します。, ティラノサウルスの咬む力は地球史上最強といわれています。その力は現存生物でも最強の顎を持つワニの10倍といわれ、牙1本あたりにかかる力はなんと8トンにもなりました。ティラノサウルスは獲物に咬みついた際に、その肉だけでなく骨まで粉々に粉砕してしまいます。, ティラノサウルスはその骨格の作りから非常に嗅覚が発達していたといわれています。サメも少量の血の匂いを嗅ぎ分けますが、ティラノサウルスもその嗅覚によって弱った敵を判別していたのかもしれません。, ティラノサウルスの牙は同じ大型肉食恐竜の中でも特に大きいことがわかっています。この牙は相手に致命的な傷を負わせ、もし運よく逃げ延びたとしても出血多量によって獲物を死に至らしめました。その後ティラノサウルスは血の臭いを追いかけ、ゆっくりと死体の肉にありつくことができました。, ティラノサウルスは強力な脚力を持っていましたが、その移動速度は時速30㎞ほどだったといわれています。そのため弱った獲物を狙ったり、草むらに身を潜めて相手に奇襲をかけていたと考えられています。ティラノサウルスは巨大な体格だけでなく狡猾さも兼ね備えていました。, スピノサウルスの最大の武器はその体格でしょう。大型のティラノサウルスが最大で13mほどなのに対し、スピノサウルスはおよそ1.3倍の17mにまで成長しました。体重に至っては3倍以上です。仮に二匹が同じ種類の恐竜なら勝負するまでもないほどの体格差だと思います。, スピノサウルスの陸上と水中での動きには諸説ありますが、水陸に対応できることは大きな強みになります。研究者によるとスピノサウルスは陸上の大型生物を水中に引きずり込んで捕食していた可能性もあるそうです。, スピノサウルスの顎は細長いワニのような形状で、非常に強靭な力を持っていたことがわかっています。ティラノサウルスには敵いませんが、2m近くもある顎は十分強力なな武器になりました。, スピノサウルスは他の大型肉食恐竜に比べて非常に大きく鋭い爪を持っています。この爪は直接的に狩りの役に立ったかはわかりませんが、補助的な武器にはなったはずです。, ティラノサウルスとスピノサウルスは繁栄した時代や生息地が違うため、正確な優劣をつけることは難しいといわれています。ここでは、彼らが同じ時代に存在したと仮定し最強の恐竜決定戦をしてもらうことにしましょう。また、状況や戦う場所によっても結果は変わるという前提で考えてみたいと思います。, 水を飲みに来たティラノサウルスが水辺にいたスピノサウルスと鉢合わせしてしまいました。ぬかるんだ足元にティラノサウルスの脚力は十分に発揮されません。強靭な顎でスピノサウルスの首元に食らい付こうとしますが、住み慣れた水辺ではスピノサウルスを捕らえることは難しいでしょう。水辺でバランスの取れないティラノサウルスの足などを攻撃し、スピノサウルスは相手を水中に引きずり込みます。こうなればティラノサウルスは何もできないまま水中でスピノサウルスの餌食になってしまうでしょう。, 今度は逆にスピノサウルスが陸地に上がったシチュエーションです。森に流れる川を泳いでいたスピノサウルスは恐竜の死体の臭いに惹かれて陸地に上陸してきます。スピノサウルスはクマのように魚だけでなく陸地でも動物を捕食したり、死体を貪ることがありました。小型の草食恐竜の死体を見つけたスピノサウルスは後からやって来たティラノサウルスに遭遇します。陸地では十分に能力を発揮できるティラノサウルスはほとんど奇襲に近い形でスピノサウルスの首に噛み付きます。スピノサウルスは鋭い手の爪で抵抗しようと試みますが、そのまま首の骨を噛み砕かれてしまうでしょう。後からやってきたティラノサウルスは草食恐竜の死体と新鮮なスピノサウルスの肉も手に入れることができました。, これは本当に難しいのですが純粋に戦闘能力を比べた場合、現在では7割方スピノサウルスが勝つといわれています。これは体格の差によるところが大きいです。自然界では体の大きさというのは重要で、一部の例外はあるにしろ基本的に生物は自分より大きな獲物を捕食しません。それは勝率が低く死につながる怪我をするリスクが高いからです。しかし、ティラノサウルスには強靭な顎があることや、スピノサウルスは背中の構造上激しい動きが苦手という意見もあることからティラノサウルスにも3割の勝率があると予想しました。, いかがでしたか?人気のティラノサウルスやスピノサウルスもまだまだ解明されていない点が多く、その生態予想は何度も変わるため今後の研究成果によっては違う結果になることもあるかも知れません。また、新種の大型肉食恐竜が見つかる可能性も低くはありません。どんな結果であれ研究が進むことを心待ちにしています。, GIBEON(ギベオン)は宇宙、地球、動物の不思議と謎を発信するミステリー情報メディアです。眠れない夜の暇つぶしにでもなれば幸いです。.

Species Description Generator, Dirt Jumper For Sale, Yeezy Supply Issues, Sung Si Kyung Wife, Junior Mints Font, Cereal Definition Greek Mythology, James Kelly Laura Kuenssberg, Tracker Off Road Svx1000 Review, Alaska College Football, Delaware Colony Facts, Turo Denied Me, Attraction 2 Invasion Subtitles, Peter Miles Age, Doug Gray Wife, Nathan Buckley Lawyer, If A Listed Parcel Of Real Estate Is Near A Toxic Waste Site, The Agent Would Be Obligated To:, Bacardi Family Heirs, Nasal Rinse Recipe, Vug Vs Voo, Louis Koo Family, Never Give Up Idioms, How Much Money Do You Get For Being Native American, Shantel Vansanten Et Victor Webster, Honda Crv Paint, Black Templar Names, Bridgestone Turanza Quiettrack Vs Michelin Primacy Tour A/s, Amy Bloom Prosecutor, Rise To Glory Meaning, The Townshend Act, Making Sense Of Change Management 5th Edition Pdf, Yub Nub Sheet Music, Bus 38 Timetable, North Road Outfitters Maine, Erwinia Herbicola In Pineapple Safe To Eat, Alffie Retail Course Answers, Ori And Naru Plush, Problems With The Sinners Prayer, Comics For Beginners Pdf, Do Coyotes Have Sharp Teeth, Ellie You Age, Liverpool Protest Today, How Do You Know If Someone Put A Spell On You, Claire Mcconnell Daughter Of Mitch Mcconnell, Todd Mcshay Wife, Aaron Nielsen Omaha, カナダ サマータイム 2020, Drew Neitzel Net Worth, Charli Howard Measurements, Hyundai Passenger Van, Mo' Money Perk, Terraria Music Box Not Recording, How Long Does Aldi Take To Reply To Job Application, Maria Elena Salinas Net Worth, Valentine Tank For Sale, Karen King Net Worth,